C:こどもも先生も幸せになる学級経営
~クラス会議をはじめてみよう~

深見 太一
豊田市立加納小学校3年生担任

【プロフィール】

教員10年目 大手金融企業勤務を経て、通信大学で教員免許取得

教員になり最初の数年はなにをやっても上手くいかず、がんばればがんばるだけ子どもの心が離れていく状態が続く。これではいけないと思っている中出会ったのがクラス会議。毎年クラスで実践していくことで、自治的な集団に成長していった。そんなクラス会議を広めたく活動中。愛知県内で毎月はじめてのクラス会議セミナーを開催中。

たった一つで多くの効果をもたらすと言われているクラス会議。
学校の教室で子どもたちが主体的に話し合い、深く学び合う方法です。
その場に集う皆さんで実際に「クラス会議」を体験してみましょう!

【クラス会議とは?】

アドラー心理学をベースとした、学級経営のツール。
クラスで輪になり子どもから出された議題(お悩み)をみんなで解決策を考える。
対等感、自己肯定感、貢献感などが育ち、自治的能力の育成に繋がり、結果として子どもも先生も幸せに生きることができる。
いじめ問題や不登校、友達関係や家族関係についても相談することができ、教室の中に自分が相談したら一所懸命考えてくれる仲間ができる。
最近ではひきこもりや貧困問題の切り札になるのではと注目されている。

分科会 ①
分科会 ②

PAGE
TOP