2:「小学校でキャリア教育、Doしてる!?」
~5つの資質・能力を育てるキャリア教育の実践~

荒尾 敏雄さん
愛知県知多市立佐布里小学校 教務主任

【プロフィール】

名古屋市生まれ。創価大学通信教育部で小中学校の免許を取得。32歳の時に愛知県の教員として採用される。中東の在外教育施設での勤務を経て、現在小学校で教務主任を務める。

平成29年度JAPET &CEC主催ICT夢コンテストで優良賞を受賞し、文部科学省起業体験推進事業の成果を発表。平成30年度キャリア教育指導者養成研修(富山県)に参加。平成31年、第1回全国小学校キャリア教育研究協議会京都大会で実践発表。

校内外でのキャリア教育推進の功績が認められ、第13回愛知県教育委員会優秀教職員、令和元年度文部科学大臣優秀教職員として表彰される。


【講座内容】

小学校のキャリア教育の課題として、次のようなことが挙げられています。

・勤労観、職業観の醸成は小学校段階では尚早と考えられていないか

・「夢をもて」「仕事を調べる」が固定的なキャリア教育の授業になっていないか

本校では小学校段階で育てたい資質・能力を明確にしてキャリア教育を実践しています。学校、地域のリソースをどのように生かして活動を計画したのか、またそれをどのように持続可能な活動としていこうとしているのか等について、新学習指導要領を踏まえたキャリア教育の実践についてご紹介します。

分科会 ①
分科会 ②

PAGE
TOP