【開催のご報告】ENGINE Vol.3

2022年4月17日(日)、ENGINE Vol.3を開催いたしました。

たくさんの方にお越しいただき、会場はほぼ満席!1日中熱気に包まれていました。

簡単ですが、開催のご報告をさせていただきます。

 

■基調講演(國學院大學 教授 田村学さん)

「主体的・対話的で深い学びの実現に向けて」のテーマにて、会場のみなさんに自らの考えをアウトプットしてもらいながら、講座をすすめていただきました。「主体的」や「対話的」はなんとなくわかるけど、「深い学び」って実はわかったようで一番わかりにくいのでは?という問いかけをいただき、実際にあった生徒の姿などを交えてお話をいただきました。

 

■分科会

午後からは10講座の分科会を開講しました。チームビルディングやコーチング、地方での教育や地域・企業の視点から見たキャリア教育など、様々なテーマの中から参加者のみなさまに、ご希望の講座を聴講いただきました。どの講座も楽しく真剣にご参加いただく姿が印象的でした!

 

■会場セッション

(國學院大學 教授 田村学さん/清川メッキ工業株式会社 専務取締役 清川卓二さん/キャリア教育コーディネーネーターネットワーク協議会 代表理事 生重幸恵さん/京都芸術大学 教授 本間正人さん)

近くの席の皆さんとも意見交換の上、会場にお越しの皆さんが、ゲストのみなさんにお聞きしたいことをざっくばらんに聞ける時間となりました。途中、本間先生から「あなたが探究したいことは何ですか」という投げかけがあり、近くの方と意見交換していただく時間もありました。そこでは、「大人も探究することが大事だよね」といった声が聞かれました。

 

 

■参加者のみなさんの声

・経験や出会いがいかに大切かがよくわかった。子どもたちの「なぜ?」を育て、主体性を発揮させるためには、まず多くの経験や出会いができるような仕組み・環境作りを大人の力で働きかけていかないといけないと思った。

・産官学が一体となって未来の教育の在り方を模索、実践していることがよく分かりました。今回、参加できて色々な方々と話すことができ、とても刺激を受けました。まだまだ伸びしろは無限にあると感じています。

・基調講演に始まり、分科会、全体セッション全てにおいて期待値以上で、まだ頭の整理が追いつきません。目指すべき方向性が同じ方々とお話しできてモチベーションが上がるとともに、気持ちも引き締まりました。

 

ENGINEは、年1回程度の実施を予定しています!

次回のご参加も、アスクネット一同お待ちしています!

 


PAGE
TOP